トップページ > 元々、葉酸はDNAの合成や脳や神経を作り

妊活サプリって必要?葉酸サプリを飲まなかった私は異端児

フレーム上

元々、葉酸はDNAの合成や脳や神経を作り

元々、葉酸はDNAの合成や脳や神経を作り出すとされ、特に胎児には欠かせない栄養素としています。今現在、先天性の異常の危険を減らすとして、世界でその摂取に関して指導されています。必要な量は、妊娠中で0.44mg、授乳中0.34mgとのことですが、1000mgを超す過剰な摂取は注意してください。

妊婦が葉酸を十分摂れなければ、胎児に異常や障害が起こる原因となるリスクを高めてしまいます。
先天性異常のうちでも、神経管閉鎖障害を起こす結果になることがあり、最悪の場合は無脳症になるので最終的には流産や死産になるのです。

そのような障害を引き起こすリスクを低下させるため、妊婦になったら、一日でも早く葉酸を意識して摂ることが望ましいのです。女性にとって、妊娠初期にしっかり摂って欲しい栄養素が葉酸です。

妊娠初期に脳とか神経系が作られていく過程で、葉酸は細胞分裂を盛んにする働きがあるからです。どんなものを食べれば葉酸が摂取できるのか教えて欲しい、毎日の献立の中に上手く取り入れられないなどと悩んでいる方は、青汁などを補助的に飲んで、必要な量を摂っていきましょう。赤ちゃんとお母さんの健康を考えて、必要な量の葉酸を日々確保して欲しいです。葉酸の摂取が一番必要とされる時期は妊娠初期の頃になります。


もし、子供ができたことに気づいてから、「葉酸とるの忘れてた。」と後悔する母親もたくさんいます。そんなことにならないように、妊娠を望んでいる方は日ごろから葉酸を摂ることを推奨します。

近年、我が国では妊活に悩まされている夫婦が多数いることが予想されます。少子高齢化が憂慮され、子を持ちたいと望んでいても思い通りにならず、悩んでいる夫婦は割合的には増加しています。



国はもっと総力を結集して、安心して子供を作り、そして育てることのできるような国に変わっていくことを期待しています。



特に妊活中に必要なのが葉酸のサプリです。



これは妊活中の方にはもちろんのこと、妊娠した後も出産した後も、できるだけ、継続して摂取することが望ましいのです。


葉酸のサプリは母親の体にも、子供にとっても体にとても良いとされます。
特に女の人の体には妊活中から出産後まで、継続して葉酸が必要なのです。

妊活において日常生活の中でも意識して変えていきたいのが、実は、骨盤の歪みの矯正なんです。



体に負担がかからない簡単な体操などを教えてくれる動画がたくさんあります。


妊娠のための重要な器官は全部骨盤に納められていると言えます。

ですから、骨盤の歪みを整え血液の流れを良くしてあげることで体の内部から温まり、妊娠しやすくなるということです。
近年、葉酸の効果への注目が集まっており、多くの産婦人科で摂取が推奨されている事をご存知ですか?実際に産婦人科や病院の方針によっては、葉酸サプリを配布しているケースもあるのです。

ですが、妊娠中に葉酸を摂取しなかった方も少なくはないと思います。

もし、葉酸摂取の不足を心配されている方も安心してください。
葉酸はホウレンソウなどの野菜やお肉にも多く含まれているんです。ですから、普段の食事でも多少は葉酸を摂れていたと思います。
妊活している方にとって、コーヒーの常飲は不安に思う方も多いですよね。

よく知られているように、コーヒーにはカフェインが含まれています。このカフェインが体を冷やしてしまう為、体の冷えが禁物の妊活中には止めておいた方が良いのは間違いありません。とはいっても、コーヒー好きで飲まないとイライラしてしまうという場合は、ストレスを無くすことを優先して、1日に2、3杯のコーヒーを飲む方が、ストレスが厳禁な妊活には良いでしょう。



妊娠する前も妊娠中も同様に可能な範囲で体に悪い影響をもたらすものを避ける必要があります。

そういうわけで、たばこを吸わないよう心掛けましょう。タバコは嗜好品として「リラックス効果」は持っていますが体に悪いものです。喫煙習慣のある方は、妊活と同時に禁煙もおすすめします。

フレーム下 class=


Copyright (C) 2014 妊活サプリって必要?葉酸サプリを飲まなかった私は異端児 All Rights Reserved.

ページの先頭へ